2014年5月9日金曜日

オスグッド病(サッカー選手)の回復例


↑クリックで拡大できます。


(アンケート原文)
12歳 男性 羽曳野市 小学6年生


(症状)
左膝のオスグッド

・歩くときに痛む
・階段昇降時に痛む
・サッカー時痛くてプレイできない


(過去の治療)
病院・スポーツ整形でのリハビリ


(今までの治療との違い)
初診は1時間(それも夜9時からという時間外)もの時間をかけて
問診、施術をしてくださり、先生の人間性にとても感銘しました。
息子も「気持ちいい」「本当にすぐに痛みがとれた」
「気持よくて眠ってしまった」と言ってました。


(施術の感想)
6年生になってから、とにかく怪我続きで
大好きなサッカーもレギュラーになっては怪我・・・。
試合にも出られない事が多く、心配が絶えない日々。

オスグッドという言葉も今回初めて知りました。

とにかく早く治してあげたい、大好きなサッカーで活躍してほしいという思いで
インターネットで調べ、堺自然整体院(竹田先生)を知りました。

いくつかのオスグッドを専門に診てくださる先生がいるなか
ブログを読み先生の人間性に引かれこの先生にかけてみようと。

お電話した時も親切で、まして、時間外に診てくださるという事、
本当にうれしく思いました。

医院の雰囲気もよく清潔感があり来てよかったと思いました。


5回の施術を終えもう2ヶ月が立ち、もう息子は中学生。
ジュニアユースのチームに入りサッカー頑張ってます。

時々走り過ぎたり相手の膝がオスグッドにあたり痛いという時もあるのですが、
「先生のとこ行く?」ときいても「いける!」「大丈夫!」と。

私はきっとそのうち先生に会いに行く日が来るのでは・・・と思っているのですが、
何とか過ごせているようです。

私たち親子には強い味方がついている(竹田先生)という
安心感でおられるのでとても心強いです。

☆3~4ヶ月に一度は体のメンテナンスにうかがおうと思っていますので、
今後もよろしくお願いいたします。

先生、いつまでもお元気で施術を続けて下さいね。
本当にありがとうございました。

(個人の意見であり結果には個人差があります)


--------------------------------------


堺自然整体院より

(症状の経過)
1年以上前からオスグッドになり1ヶ月前から痛みが酷くなる。
歩く、走る、階段、5分間立ち続ける 等で痛みが出る。

初回
下肢の筋肉の緊張を一通り取ると痛みは2割くらいになる。
関節のズレが少しあったのでそれを取ると、しゃがんでも痛みはゼロになった。

2回目
全力ダッシュを試したけど痛みが出ない。
同じ方向性で調整を行う。
鼻炎もあるとのことだったので鼻炎の調整も行う。

3回目
軽めの練習をしてみたが痛みは出ない。

4回目
練習では痛みなかったが、かなりの長距離走をした時にだけ痛みが出た。
鼻炎はかなり軽くなった。

5回目
痛みなし。
鼻炎も無い。


(当院のコメント)
とても気持ちのこもったアンケートありがとうございます(^^)

文面からも親御さんの愛情がとても良く伝わってきます。

愛情たっぷりに育てられたおかげで、
息子さんもとても真っ直ぐに育っているな~っという印象が強い子でした。
中学生になってもサッカーを楽しんでおられるようで私も嬉しいです(^^)

素直で前向きな方は回復も早い傾向があるように感じますね。
(これは他の先生からもよく聞くことです)


この患者さんはサッカーチームを2つ掛け持ちで行っていて、
週に7日練習していました。
さすがにそれではオーバーユースになりますよね。

練習をして技術や体力をつける事も大事ですが、
限度を超えて体を痛めてしまっては元も子もないです。

「過ぎたるは及ばざるがごとし」の言葉の通りで、
痛めて練習ができなくなれば、試合にも出れません。

疲労が溜まってガチガチになった筋肉では瞬発力が出ないので、
本来のパフォーマンスができません。

私も中学まではサッカーをしていたので、
スポーツの現場では根性論が必要な場面があるのは理解できますが、
指導者がもう少し体のメンテナンスについて理解していただければな~っと思うことが多々あります。

怪我という挫折から学べることもたくさんあるのですが、
できることなら、どの子も悔いのない選手生活を送ってほしいものですね!


オスグッドなら堺市の堺自然整体院

0 件のコメント: