2018年7月9日月曜日

石鎚山へ

梅雨の晴れ間を狙って娘と山登り。

今回は愛媛県にある西日本最高峰の石鎚山(1982m)へ行ってきました。





石鎚山へのルートは主に2つ

・成就社ルート
・土小屋ルート
土小屋ルートの方が標高差が少ないですが、
登山口まで山道を走らないといけないのと、
成就社ルートの方が神社や祠があり、鎖場も多いです。
信仰の山としても魅力は成就社ルートの方が多いので、
個人的にはおすすめです。

石鎚山へのアクセス
堺からだと明石大橋を渡るルートで、300kmと少し、4時間位の道程です。
いよ西条ICで降りる方が近いのですが、
愛媛のお土産は石鎚山PAが充実しているので、ちょっと回り道をするのもアリです。




石鎚山ロープウェイへの入り口
これが見えてから左の駐車場に止めるよりも、
少し手前の駐車場の方が割安でした。



下谷駅(455m)~成就社駅(1300m)までほんの数分で一気に連れて行ってくれます。
料金は往復で1950円。



ロープウェイを降りると、そこは既に雲海の上。

さすが西日本最高峰。

終始雲海を見ながらのご機嫌な登山になりました。


 

ロープウェイから30分ほど歩くと石鎚神社の成就社に着きます。

ここまでは登山というより坂道を上る感じです。




ちょうど注連縄の奉納を行っていました。

登山中も度々白装束の人を見かけます。

これほど信仰色の強い山は珍しい。




成就社の隣にある遥拝殿?
ここはちょうど石鎚山が見えるように大きな窓があります。

登山の前後に参拝していくと、心に感じるものがあるはずです。




神門
ここから本格的に登山スタート。
夜間は閉鎖されているそうです。




少し歩いた左側にある。
N字の木。



見返り遥拝所。
足の悪い人はここで参拝とするそうです。



ここからは階段地獄。
石鎚山は本当に階段が多く、足に堪えます。
岩が多い山のほうが色んな筋肉使うので疲れが分散できるのに・・・



石鎚山名物、鎖場。
60°~80°の斜度の崖を30m~60m登る修行の場が4つあります。
下を見ると結構怖い(^^;)

他の山の鎖場と違ってめっちゃ太い鎖がかかっています。

ぱっと見た感じでは崖を登るので、
9割くらいのハイカーの人はパスしています。
どの鎖場にも迂回路があります。

地元の人は小学生でも親が後ろに付いて登るので、
普通の大人ならまず大丈夫なはず。

試しの鎖→一ノ鎖→ニノ鎖→三ノ鎖と4つの鎖があります。

難易度は
一ノ鎖<ニノ鎖<三ノ鎖<試しの鎖

試しの鎖は上った後に下らないといけないのでちょっと怖い人もいるかも。

心配な人は一ノ鎖から試してみると良いと思います。


この日は少し岩が濡れている場所があって、足が滑って苦労しているおばちゃんがいました。
岩が濡れている時は慣れない人は避けた方が無難かもしれません。
ボルダリングとかを経験した事ある人なら余裕です。



こちらが三ノ鎖



三ノ鎖を上から見た所。
写真だと全然怖くないですが、かなり崖です。
三ノ鎖を上がれば即山頂です。



天狗岳を下から見上げた感じ。
めっちゃ崖です。

後でこの崖の上から下を覗く事に。



ついに山頂!
山頂には神社があります。
左の小屋には神主さんもいてるので、
お守り買ったり、御朱印をもらう事もできます。



山小屋もあって売店で軽食や飲み物が買えます。
トイレも有料で使えます。

宿泊する事もできます。
大人一泊二食付き8700円

この弥山と言われるピークで満足する人も多いのですが、
本当の最高峰はすぐ横にある天狗岳。

 

こっちが本当の山頂。
尖った形がめっちゃカッコイイ。
ただそこに行くには、ナイフリッジと言われる両側が切り立った急斜面の岩場を登っていかないと行けません。





ナイフリッジの途中から弥山にある神社を振り返った所。
天空の神社って感じですね~



上から崖の下を覗くとめっちゃスリルあります。




うちの子は親の心配を他所に、平気で進みます。





天狗岳山頂!

さすが西日本最高峰。
360°遮るものがなく、素晴らしい眺望。



山で一番好きな時間は夜明け前。
山頂に泊まってこそ見れる景色は、日帰りの何倍も美しい。

宿泊すると体力的にも日帰りより楽だし、
夕焼け、天の川、ご来光と変わりゆく景色を堪能できます。



頂上に泊まった人だけが参加できる夕拝と朝拝という神事。

時間に余裕がある人はぜひ石鎚山頂上山荘





夜明け前の空の色は本当に美しい。



写真を撮るために徹夜の人や夜明け前から登ってきた人も。



ご来光。



雲海が山を超えて滝のように流れ落ちる滝雲。

なかなか見れない光景です。


石鎚山は、信仰・鎖場・絶景・スリル様々な楽しみがあって、
またいつか来たいと思える山でした♪(^^)


大阪-堺自然整体院

2018年5月17日木曜日

高知へ

GWは娘と高知でキャンプへ行ってきました。

高知は私の父の出身地で、自分も子供の頃はよく帰省しました。

当時は南港から大阪高知特急フェリーで一晩かけて行きました。
フェリーの臭い、船酔い、カップラーメン、二等の雑魚寝、今となっては全部が良い思い出です。

今は高速道路が繋がり、3時間半で着いちゃいます。
高速道路は便利ですが、船旅も捨てがたい旅情がありますね。



子供の頃の微かな高知の記憶に残る
龍河洞、日曜朝市、桂浜、鰹のタタキ、高知城、龍馬、叔母の家、父の生家、墓参り

自分の思い出、竹田家のルーツ、龍馬、全部まとめて行ってきました(^^)



高知と言えば坂本龍馬

空港名が龍馬空港になるほど高知県民の誇りです。

高知県立坂本龍馬記念館




桂浜のすぐ手前あるので、桂浜を目指して走ってください。
どちらかの駐車場に車を止めたら両方歩いて回れる距離です。

坂本龍馬を知らない人はいないと思いますが、彼がどんな事を成し遂げたのか、
どんな志を持っていたのかは知らない人も多いと思います。

時代の流れと彼の言動を合わせて知ることで坂本龍馬の視野の広さが良く分かります。

桂浜

高知を代表する景勝地。



龍馬像が太平洋を見下ろしています。
高知旅行では外せないスポット!



龍馬像のすぐ横に櫓が組んであって、有料で龍馬と同じ高さまで上がれます。
櫓が写真の邪魔になるのが・・・(´ - ω -`)

午後は逆光になってしまうので、写真撮るなら午前がオススメです。

龍馬見ながら高知名物アイスクリンを食べるのは外せません!

桂浜水族館




桂浜の浜辺にある小さな水族館。
昔スズキ釣りが好きだった自分にとっては貴重なアカメがたくさんいるのが見どころでした。
病気の魚が多かったのが残念ですが、飼育員の人は限られた予算の中で頑張っている感が良く分かるので桂浜に行った際にはぜひ立ち寄ってあげましょう(^^)


高知城

江戸時代に建造された天守が残るのは全国で12城しかなく、高知城はそのうちの一つ。
天守と本丸御殿が両方現存しているのは高知城のみという貴重なお城です。



大阪城や名古屋城のような観光用の城ではなく、昔の作りがそのまま残っているので城好きならぜひ!


高知城歴史博物館

市の中心部高知城からすぐの場所にあります。
日曜朝市からもすぐの場所なので日曜日なら一緒に回るのがオススメです。

龍馬だけでなく、ジョン万次郎や高知城の事なども学べます。

龍馬記念館と高知城歴史博物館を回ったおかげで、明治維新についてめちゃ詳しくなりました。


龍河洞

元はと言えば、「鍾乳洞へ行きたい」という娘のご希望から始まった高知旅行。
龍河洞も子供の頃に何度も来ました。

知名度は高くありませんが、日本三大鍾乳洞の一つに挙げられるほど立派な鍾乳洞です。


龍河洞には冒険コースという、照明も何も無いルートをヘッドライトだけを頼りに探検するコースがあります。
子供も大人も楽しめます(^^)



横向きに寝ころんで狭い穴をズリズリと這い出る。
ドロドロになるけど楽しい♪



時にはロープでよじ登る!



実際には見かけほど険しくないです(^^ゞ

通常の料金に加えてたったの1000円で冒険コースは体験できます。(服と靴をレンタルするならプラス1000円)

ケイビングという洞窟探検をガイド付きでやったら5000円~10000円くらいかかるので格安。

ガイドさんがとても上手に案内してくれます。
小学1年生以上なら十分歩けるくらいの難易度なのでそれほど危険もありません。


土佐タタキ道場

藁焼き鰹のタタキ体験。

鰹は子供の頃好きではなかったのですが、高知で食べて初めて美味いと思いました。

スーパーで鰹のタタキを買うとほとんどが解凍されたものなので、どうしても美味しくありません。

高知で新鮮なカツオを食べてその美味しさを知ってほしいなと思い、自分でタタキを作れる店に行ってきました。



桂浜から浦戸大橋を渡ってすぐの所にあります。
かなりの人気でしたが、いくつかのレストランに振り分けて捌いているので、待ち人数多くても案外待たされませんでした。

空には鯉のぼりではなく、カツオのぼりが。



大きな串に刺してあるカツオ



5~6人で一緒に藁で焼きます。
火加減はスタッフが指示してくれるので大丈夫。



自分で焼いたカツオをスタッフの人が切って盛り付けてくれます。



新鮮な素材を調理してすぐに食べるので本当に美味しい!
鰹嫌いの娘にとっても衝撃的な美味さだったようで、旅行中に3度も鰹のタタキを食うことに(笑)
「高知に住むわ」というほど美味かったらしい。


日曜朝市

300年以上続き、400軒以上の店が並ぶ、日本でも有数の規模の朝市。



野菜、漬物、干物等の地元向けの店から、
お土産、お菓子、土佐刃物などの観光客向けまで雑多な品揃えが楽しめます。

高知市内の追手筋を片側封鎖して行われます。
県庁の駐車場が無料ですが、満車になりやすいので、近隣のコインパーキングを探すほうが早いかも。

朝市と言いながら夕方までやっていますが、品物が無くなると撤収する店が出てくるので午前中に行くのがベスト。

お店の人と話しながら回るのは中々楽しい。
掘り出し物はホオジロザメの干物!

朝市の名物いもてん。
甘くて美味しい素朴な味わい♪




大阪では見ない小夏や文旦等のフルーツも売ってたけど、箱買いはハードルが高い。
観光客向けにカットして売ってくれたら買いやすいのにな~。
ニーズはあるのに、もったいない。

日曜市の途中にひろめ市場という高地の名物を集めて屋台村形式の施設があります。
ここも手っ取り早く高知グルメを堪能するにはオススメ!




父の生家

大栃という四国の山奥の小さな村から、人家を見ない山道を1時間走って辿り着く、今や数軒しか住んでいない限界集落。
近所の家に行くにも山を数分下りないと行けない。
山地なので田畑もほぼ無い。
昔の人はよくぞこんな場所で暮らせたもんです。



娘に一度は見せておきたかった竹田家のルーツ。

父方の祖父と祖母は早くに無くなったので顔を知りませんでした。

写真ですら見たこと無かった。

叔母の家で見せてもらった唯一残る祖父と祖母の写真(中央の二人)






2018年4月18日水曜日

2018年4月6日金曜日

2018年3月12日月曜日

2018年3月6日火曜日

金剛山で野鳥のエサやり

雪の金剛山へ野鳥に手から餌をあげに行ってきました。

今年は12月~2月中頃まで寒波が続き、
金剛山にも例年より雪が多い日が続きました。


冬の金剛山に登る楽しみの一つに、
野鳥のエサやりがあります。

冬になると山にエサが少なくなります。

雪が積もると更にエサが無くなります。

金剛山は日本で二番目に登山者数が多いと言われています。

常連さんが多く、毎日登っている人や、何千回も登っている人も珍しくありません。

その多くの登山者からエサをもらおうと、たくさんの野鳥が山頂近くに集まります。

手にエサを乗せて待っていると大阪府内ではそうそう経験できない、
「手乗り野鳥」を体験できます。




 金剛山で見れる手乗り野鳥の種類 

Wikipediaにリンクしてます。

ヤマガラ

ヒガラ

コガラ

シジュウカラ

ゴジュウカラ


 野鳥に餌付けできる場所 


 


①山頂広場
  時計に向かって右側
  階段の手前あたりのベンチの周辺で良くエサをあげている人がいます。


②葛城神社の裏手
  葛城神社からダイトレをちはや園地方向に少し下った所、
  裏参道に入った所か、その分岐のすぐ先を左下に下った所にエサ台があります。
  ここが一番野鳥が集まります。




③ちはや園地のピクニック広場
  ちはや園地の無料休憩所のすぐ脇、
  道がT字になっている所でよく餌付けをしています。

ここ以外でもテント場で餌をねだられた事もありますし、
近くに野鳥がいる時は餌を手に乗せて、
じっと待っていると乗ってくるかもしれません。

 たくさんの野鳥を見るためには? 

  • 雪の日
  • 平日
  • 朝一番
人が少なくて、エサが無い日に行くとめっちゃ腹を空かしているので、
ハングリーで積極的な鳥なら、
鳥の方から寄ってきて、エサを催促するように鳴くこともあります。

逆に週末の午後になるとお腹いっぱいであまり乗ってこない日もあります。


今回は今年一番の雪で堺の平地まで道路が真っ白になって、道路は何箇所も通行止め。
ノーマルタイヤでは登山口まで辿りつけない状況だったので、登山者はかなり少なめでした。

こんな日は野鳥も待ち構えているので、
手にエサを乗せるとこんな感じになります。


入れ食い!(笑)

今まで10羽くらい止まってくれたら大満足でしたが、
今回はひっきり無しに手に乗ってきたので100羽くらい来たかもしれません。

どれだけ腹を空かしていたのかと・・・(´・ω・`)

 野鳥にエサをあげる時の注意点 

https://www.wbsj.org/activity/conservation/infection/inf-birdfeeder/

味のついた餌はあげない。
砂糖や塩など人が食べる物は動物の身体には負担になります。
事前に野鳥のエサを用意しましょう。

カラ類にはひまわりの種ナッツ類がお好みの様子です。



ちなみに堺自然整体院では、ベッドのすぐ横の窓の外にバードフィーダー(餌台)を設置しています。



以前はエサを置いていたのですが、スズメが集まりすぎて隣家に糞害が出そうだったので、
今は水だけを置いています。

水だけでもスズメやシジュウカラが水浴びをしにくるのでとっても癒やされます(*^^*)

大阪-堺自然整体院

2018年2月19日月曜日

御在所岳、雪の本谷へ

秋にも登った御在所岳。
http://otorinet.blogspot.jp/2017/11/blog-post_20.html

大阪近郊の山よりも岩が多くて手を使って岩や壁をよじ登る事が多くて楽しい山です。

雪の時期に前回と同じ「本谷」を登ってみたくて行ってきました。


御在所岳

白い鉄塔の右にある白い谷が今回登った本谷
遠目に見るとほぼ壁・・・(^^;)



駐車場

中道登山口の少し下にある無料駐車場。
冬期は鈴鹿スカイラインが閉鎖されているので、
温泉旅館街からの道で来ます。



温泉街を抜けると1車線の狭くて急な山道。
立ち往生しても逃げ道がないので、
積雪時はノーマルタイヤでは厳しいです。

自身が無い人はロープウェイの駐車場に止めて、
40分ほど歩くという方法もあります。

駐車

駐車場からスカイラインを少し歩きます。
上部に朝焼けに染まる御在所岳。



中道登山口




中道登山道はここから右へ登りますが、
本谷は左の鉄の橋を渡ります。



ボロい橋なので渡るのが不安な人は、
スカイラインをもう少し歩いて、
御在所山の家の脇からも入れます。



この三角屋根が見えたら正解です。



谷に下りて沢歩きスタートです。



鈴鹿山脈は地形的に雪雲がかかりやすく、標高の割に雪たっぷり。
この日は新雪がどっさりあってモフモフの雪。



幸い前日までのトレース(人が歩いた跡)があったので問題なく行けましたが、
トレース無しだとかなり難しいと思うので、
余程慣れている人以外は引き返した方が良いと思います。

不動滝




高さ20mあるので、さすがにここは登れません。
滝の左側から迂回します。
遠いので分かりにくいけど、8mくらいありそうなツララが圧巻。


不動滝の先の分岐
倒木のある方が正解です。



3つに分かれる分岐
秋は真ん中を行きましたが、今回は右にトレースがあるので右へ。



雪もどんどん深くなります。




大黒滝




ジョーズ岩

秋はこの岩の下を潜れましたが、今回は雪で潜れません。


  
山頂が近づくに連れて歩きやすい道になります。



左手に大黒岩が見えてくるので、
ちょっと過ぎたあたりから大黒岩へのショートカットできるルートがありますが、
ちょっと急で登りにくいので慣れない人は止めたほうが良いかも。

大黒岩




大黒岩の先に出ると中々の絶景!



足元数十mの切れ落ちた崖で、
立てる場所は幅1mも無いのでちょっとスリリングです。
ロープウェイの人が手を振ってくれます。

鎌ヶ岳

カッコイイ山ですね~!



一の谷新道に合流して山頂を目指します。



このあたりから一気に霧氷が綺麗になります。



曇り予報だったので、景色よりも登りを楽しめる山にしたのにまさかの晴天♪

手前の木は霧氷だらけなのに、
20m奥にある樹木にはほとんど霧氷無し。
空気中の水分が凍って霧氷ができるのだけど、
風や雪の当たり方でこんなに差が出る不思議。



レストランアゼリア

営業時間 9:30~16:30 (食事は10:30から)

カレーうどんが名物だそうです。

温かい場所で温かい食事ができるのは雪山ではありがたいですね(^^)



人口氷爆

アイスクライミング体験とかしたら流行りそうなのにもったいない。



山頂にはスキー場もあります。




・学校のスキー実習の生徒
・ロープウェイで上がってきた高齢者
・ソリ滑りの家族連れ

いつ来てもカオスな場所です(´ - ω -`)



下山は中道登山道から。

山頂から富士見岩方面へと歩きます。
このあたりは樹氷がとても綺麗。



鈴鹿の山々が見渡せます。

鈴鹿山脈はそれほど標高も無いし、日本海側でも無いのに、結構積雪があります。

雪雲の動きを日々見ていると、
若狭湾→琵琶湖→鈴鹿へと雲の通り道があるようです。
標高の低い部分に雲が流されたり、
水面からの蒸発で湿気の多い空気が流れ込むんでしょうね。

うちからもうちょっと近ければ良いのに。。。(^_^;)




キレット

稜線の一部が落ち込んでいる所をキレットと言います。

御在所岳のキレットは初めて来た時はかなり怖かったですが、
一度ボルダリングを経験してからは
ここくらいなら余裕になりました。
鎖の無い別のルートから登ってみたりすると楽しい♪




地蔵岩

御在所岳名物。
落ちないサイコロ状の岩を見ると誰もが写真撮っちゃいます。



おばれ岩

写真だと伝わりにくいけど、
かなり巨大な2つの岩が傾いて立っています。





本谷はピッケル(つるはし)のピック(歯)やアイゼンの前爪を
雪や氷に打ち込みながらよじ登る場所多数あります。

素人の自分がソロで行っておいて言うのもなんですが(苦笑)
かなり危なくて滑落の危険あるルートなので
12本アイゼンとピッケルを使えるようになってから複数で行ってください。

写真には残せないし、誰も見ていないけど、
今までで一番チャレンジングな山登りでした(^^)
  
大阪-堺自然整体院