2018年9月7日金曜日

西穂高岳へ

今年の目標だった北アルプス穂高連峰、西穂高岳の岩稜。



一般的には日本一の山と言えば富士山ですが、山にハマった人に一番人気があるのは、実は富士山ではなく、北アルプスの穂高岳~槍ヶ岳のエリアなんです。

3000m級の山が連なり、切り立った岩山が素晴らしい景観を作ります。

関西には無いスケールの山歩きを味わえます。


堺自然整体院から西穂高岳へのアクセスは、
名神高速、東海北陸道、飛騨清見ICを経由して新穂高温泉まで5時間くらいかかります。

スタートは新穂高ロープウェイ


新穂高ロープウェイは第1ロープウェイと第2ロープウェイがあります。

登山者は第2ロープウェイのしらかば平駅からの乗車になります。

駐車場も一般の観光客よりも下に止める事になるので、注意が必要です。

第2ロープウェイは日本唯一の2階建て、標高1380mのしらかば平から標高2156mの西穂高口駅まで労せずに上がれます。





山びこポスト
通年集配可能なものとして、日本最高所にあるポストだそうです。



登山口を超えると観光客がいなくなり、静かな山歩きができます。



木々の隙間から目指す西穂高岳。

西穂高口から1時間半ほど登ると西穂山荘。

ここまではほぼ迷うことも無く来れます。

今回はテント泊装備を背負っているのでめっちゃしんどかったです(^_^;)

西穂山荘
北アルプスで唯一の通年営業している山小屋


日帰りの人も泊りの人もみんな足を止めて休憩をしていきます。

西穂ラーメンが名物ですが、高所のせいか麺が生麺っぽかったのが残念。



ここではザックをデポして山頂を目指す人が多いです。

アタックザックあると便利ですね。

今回はここでテント泊をして、早朝から山頂に向かいます。

夜明け前にスタート。



明けゆく空が美しい。
山荘付近からだと山に隠れてご来光は見えません。



あちこちに丸山までは子供でも大丈夫と書かれていますが、その割にはスタート直後はかなり大きな岩が多く、段差に苦労します。




少し登ると丸山から独標の直下までは安全な登山道が続きます。



西穂独標。
ここから岩稜スタート。

独標が11峰、1峰の西穂高岳まで10個のピークを越えて主峰を目指します。



ここの下りが怖い人は進まない方が良いと言われています。

ここから先に行くならボルダリングを1,2回でも経験しておけば安心です。

鎖は少ないですが、ほとんどの場所がホールドがしっかりあるので、3点支持を守って慎重に行動すれば大丈夫なはずです。




見下ろすのは上高地、赤い屋根の帝国ホテル。

宿泊している人は、
「体力があればあの山に登りたい」
山上にいる人は
「財力があればあのホテルに泊まりたい」



写真で見るとめちゃ危険に見えますが、山の岩場歩きに慣れた人で高所恐怖症の人以外なら慎重に歩けばたぶん誰でも行けます。




越えてきたピーク。

雲上の稜線歩きは爽快!



プロのガイド(オレンジのザック)がロープで客二人を繋いで歩いていた。

ガイド料はおそらく一人4~5万円。(*_*)

躓いたり、足を滑らせたりしたら即死の場所も多いですし、岩なので一般的な登山道と違って、「道」はありません。

岩に書かれたマークを目印にしますが、自分でルートや足場を探す能力も必要です。

自信が無い人はガイドを雇うのも一つの方法です。





4峰以降ははガスガス(´・ω・`)

予報よりは良い天気だったので良しとしよう。



2峰と3峰はピークを踏まずに飛騨側を巻きます。

ガスで山頂が見えないこともあって、いきなり主峰に辿り着いてみんなびっくり。



山頂、絶景が見れるはずが、何も見えない~!

次回は天気の良い日に。

冬も来たいけどまだまだ自分のスキルでは怖い(・・;)

四肢を使ってよじ登るのは童心に帰るのか、猿に戻るのか分らないけどとにかく楽しいものです♪

個人的には今回は技術的に難しい部分もほぼ無く、恐怖も感じませんでした。

宝剣岳の方が余程怖かったです。

この様子なら来年は剱岳でもいけるはず!(`・ω・´)

大阪-堺自然整体院


2018年8月13日月曜日

立山へ

夏の山旅

娘と台風一過の北アルプス・立山連峰へ。



昨年6月に残雪の立山の雄山を最短距離をピストンで登りました。
→昨年の立山登山の投稿

前回行けなかったその先の山へ。

今年は雄山の山頂を越えて、テントと山小屋泊で稜線を繋いで歩く縦走にチャレンジ。

限界まで頑張った娘の疲労で予定より1日短縮となりましたが、とても充実した3日間でした(^^)



まずは立山駅の横の常願寺川で石拾い。
願い事を書いた石を一人一つ持って行きます。
家からペンも忘れずに!



立山駅から立山黒部アルペンルートの立山ケーブルカー。
黒部ダムを作った時の名残りです。

この後バスに乗り継いで1時間ほどで室堂へ。



室堂
ここまでは立山黒部アルペンルートに含まれる観光コース。
周りは登山客よりも観光客の方が多いです。



ここに来るだけでもそうそう見れない絶景を見ることができます。

この日は台風の影響で雨模様。
止むのを15時まで待ってスタート。
標高2450m、夏でもめっちゃ涼しいです。
風と寒さで耳が痛いほど。

テントや二人分の荷物が入ったザックは23kg。
週の大半を家に引き籠っている身体には平地歩くだけで苦行・・・

まずはいきなり山下り(笑)
1時間ほど歩いて200m下の雷鳥沢キャンプ場を目指します。




立山玉殿の湧水
眼前の山に降った雨や雪100%のおいしい水。



みくりが池



まるで氷山です。




みくりが池温泉
日本最高所の温泉です。
帰りに一風呂入らせてもらいました。



血の池地獄
火口跡だそうです。
ここだけ赤い不思議。



今でも煙を上げる地獄谷
かなりの硫黄臭で、危険なレベルまで火山性ガスが出ることもあるそうなので、口を覆うタオルとかの準備があれば良さそう。



眼下に見えるのが雷鳥沢キャンプ場
その絶景と快適さで登山では日本でも指折りの人気のテント場。
台風のおかげでガラガラ♪

場所柄水が豊富で水道の蛇口は常時開けっ放し。
一人1泊500円
2泊以上は何泊しても同料金です。




キャンプ場の手前から。
この雄大さは写真では伝えられませ~ん!
山に登るのではなく、この景色を見ながらのんびりしに来ているテント泊の人もちらほら見かけました。



雷鳥沢ヒュッテの露天風呂
これだけの展望を眺めながら温泉に入れる場所はそうそう無いでしょう。
泉質もグレーの泥混じりで温泉!って感じがします。

  


 夜は満点の星
月明かりが強過ぎて天の川は見れなかったけど、
おかげで懐中電灯無しでも全然大丈夫な驚きの明るさ。




2日目は雷鳥沢→室堂→一ノ越→雄山→大汝山→内蔵助山荘とかなり登って歩く、今回一番キツイ日です。



日本でも有数の豪雪地帯なので、夏でもまだまだ雪残ってます。



雄山山頂の雄山神社



今年は山開き後なので山頂参拝もできました。



500円のご祈祷料を払わないと3003mの山頂を踏めないシステム(^_^;)



麓の常願寺川から雄山神社に石を持って上がり納める風習があるので、二人とも石を持って上がり、奉納しました。
娘のお願いはなんともささやかだこと。




絶景が職場



社務所と簡単な売店があって大勢の人が休んでいます。

地元の小学生も遠足で大勢来ていたので、一の越から雄山までは渋滞もありました。
多くの人はここまで。

これ以降の道はかなり人が減ります。



これから歩く立山連峰の稜線。
遠くに見えるのが剱岳。
一般登山道最難関、岩と雪の殿堂と呼ばれる山で、現在の自分の目標。

8月に入っても雪たっぷり残っていて素敵なゼブラ模様。



立山連峰最高峰、大汝山(3015m)
現地で仲良くなった同い年の女の子と一緒に。
この子のお蔭もあって、娘はめっちゃ頑張りました。



遠くに黒部ダムが見えます。
立山黒部アルペンルートでトロリーバスやロープウェイを乗り継ぐと黒部ダムまで行けます。



大汝休憩所
ゆる~い雰囲気のスタッフが切り盛りする良い感じの山小屋です。
食事もできますし、水も補給できます。
トイレがめっちゃキレイ。



日本でも数少ない氷河「内蔵助雪渓
吹き抜ける風は超涼しい。
右上に小さく見える赤い屋根が、この日泊まる内蔵助山荘。
山小屋の大きさを見るとスケール感が分かります。



こんなゴロゴロした岩だらけの場所でも高山植物は可憐に咲き誇ります。



今回は雷鳥見つけれず。
唯一見れたイワヒバリ。
こっち向いて~~~!(´・ω・`)



今晩お世話になる内蔵助山荘。
最近建て直したらしくとってもキレイで快適な山小屋です。
料理も美味しかったし、ぜひまた来たい山小屋でした。

山に登ったらぜひ稜線の小屋かテントに泊まってほしい。
山頂で泊まると夕方と朝のマジックアワーで感動や思い出が何倍にもなります。



山で一番素敵な時間は夜明け前。
水平線が赤みを帯びて、紺色へのグラデーションは息を呑むほど美しい。



やがて空が赤く萌え始めます。




朱と金のご来光。
鹿島槍ヶ岳がカッコイイ!



朝日に染まる山と月



富士山も遠望できます。

3日目は別山を回ってから雷鳥沢に下りてテント泊の予定でしたが、
前日体力の限界まで頑張った娘は完全にガス欠。
高所の影響もあるのかも知れませんが、全然足が進みません。

天候も考慮して大走りを下ってその日のうちに帰路に着く事にしました。



100種類以上の高山植物の宝庫、立山。
いたる所に天然のお花畑が広がります。
特に雷鳥沢~大走りの間はかなりのお花畑でした。



チングルマの綿毛
早くも初秋が少しずつ近づいてます。


今回は立山をぐるりと一周縦走する事は叶いませんでいたが、「山は逃げない」と言います。

もう少し娘の体力がついたら挑戦しようと思います。

道中や宿でで度々一緒になった世界中の山を巡ってきた老夫婦に、「一番好きな山は?」と聞くと「立山」でした。
季節によって、場所によって、変化が大きくてとても楽しいそうです。

私にとっても立山は今までで一番素晴らしい山でした。

大阪-堺自然整体院