2021年5月16日日曜日

五竜岳へ

二日間、ずっと快晴という最高の条件で3月中旬に北アルプス白馬の五竜岳へ。


五竜岳へはエイブル白馬五竜スキー場からアプローチできるので、かなりの標高を稼げます。

(リフトトップから更に1500mくらい登ります)


リフトを降りると白馬三山がお出迎え。



右側のピークが目指す五竜岳

五竜岳へ続く果てしなく遠い稜線を歩き、2日かけて山頂を目指します。


中遠見山からの景色



五竜スキー場のトップから登る遠見尾根なら1,2時間登るだけでたどり着く小遠見山や中遠見山から絶景見れます。

3月後半以降の天気の良い日なら低山の雪山登れる人なら多分大丈夫。おすすめ!


初日は大遠見山と西遠見山の中間点あたりでテントを張ります。

20kgのザックを担いで雪山を登るはほんと骨が折れます。

秒速20mくらいの暴風吹き荒れる雪山の稜線にテントを張るので、テントの周りには雪のブロックを積んで風除けにします。

疲れた身体にこの作業は堪えます。。。

夏はテント張っても良い場所が決まっているけど、冬山は暗黙のルールでどこに張ってもOK


これだけの絶景の真ん中でテント張れる場所は日本中探してもそうそうありません。


山に行くようになってから絶景慣れし過ぎてしまい、一般的な観光地の絶景では満足できない身体になってしまいました(苦笑)


-5度だとポカポカ。先月の-20℃の極寒八ヶ岳と比べると天国♪

テントの目の前には鹿島槍ヶ岳

カッコいい山ですよね~

真ん中の白い谷間は日本でも数少ない氷河のカクネ里雪渓



夜明けは一面の雲海。

再凍結でテカテカの雪面が美しい。


夜中の暴風が煩すぎて耳栓をして寝たら、アラームが聞こえず3時起きのはずが起きたら4時半・・・

この寝坊が後に大きな影響を。




二日目のルート

右の山に上がってから左上を目指します。

ここだけで2時間近くかかる。


シュカブラ三昧♪

雪面歩くと足跡は凹むものですが、ここでは足跡が凸。

初めて見た時は意味が分からなかった。

柔らかい新雪が積もる→人が踏んだ場所が固まる→踏まれていない雪が風で飛ばされる→足跡だけ残る

快晴の雪山で空を見上げると紺碧の空を見れる事があります。

この写真も無加工ですが本当にこの青。

別の方向を見ると普通の青空なのに。

どういう理屈か分かりませんが不思議。


上部は風で雪が飛ばされるので岩と雪のミックス。

アイゼン歩行に気を遣います。


撤退地点の雪壁とピッケル。

ここからトレース(足跡)が無くなる。

気温が上がって雪が緩んできたのでアイゼンもピッケルも効きにくい。

岩場なら登れるかと挑戦したけどボロボロ崩れて雪より怖い。

ここで落ちたら数百m滑落で確実に天国へ行けます。

帰り道で更に雪が緩む下りのリスクを考えて撤退決定。

2日かけて登ってきて、あとほんの100mくらいで山頂なので、かなり迷いましたが、色々経験できたのでまぁ良しとしましょう。

まぁ朝寝坊した自分が悪いんです・・・(^_^;)

また来年来よう!


おまけ

五竜のトレーニングにと参加したモンベルのクライミング講習会。

25mの壁は登るのはまだ良いけど、降りるのがガクブル

クライミングシューズではなく、登山靴で登る講習会だったので、足場を確保するのが難しく、スリル満点でした。


これで今シーズンは雪山も終了。

次は夏山に向けてトレーニングなんだけど、潜りにも行きたい・・・(^_^;)


堺自然整体院

2021年1月28日木曜日

伯耆大山へ

3年前からずっと計画していたけど、休みと天候が合わずずっとお預けだった山。


中国地方最高峰の大山。



1792mとそれほど高い山ではありませんが、

日本海に面した独立峰ということで気象条件はアルプス並に厳しくなる事もある山です。


その気象条件故に森林限界が低く、上部は樹木が無く、アルプスのような山岳風景の絶景を見ることができます。


絶景が見たいために伸び伸びになっていましたが、

寒波の後の高気圧ど真ん中というめったに無い好天予報と休日が重なったので、

3:30出発というハードスケジュールで行ってきました。



登り始めから結構な雪の量です。

前日にかなり降雪があったので新雪モフモフです♪


少し登ると山頂が見えてきてテンションが上ります。


シュカブラ

風が雪を削った風紋です。


山頂から昇る太陽。




山頂までもう一息!


弥山の避難小屋も雪の下。


ここから先は夏は立ち入り禁止だけど、冬は看板が埋もれている(笑)

弥山から進むと徐々にハードなルートに。

この先に入ったのはこの日は3人だけ。



このくらいならまだ余裕



このあたりからビビってへっぴり腰に。。。



両端が切れ落ちたナイフリッジ。

降ったばかりの雪は簡単に崩れる。

歩けるのは幅50cmでどっちに落ちても数百m滑落。

無理ゲーにもほどがあるのでここらで撤退・・・


無理したら行けそうだけど、このご時世にレスキューに迷惑かけたくないし、

山は逃げないので技術を磨いてからまた来よう。



この景色を眺めながら食べるメシは最高!



2020年10月1日木曜日

串本でスキンダイビング

最近、娘とスキンダイビングにハマっていて、

8月~9月で7日間も「車で行ける沖縄」の串本で泳いでいました。

シュノーケリングは去年までは2回ほど経験がありますが、

潜るのは苦手で2m潜っただけでヒーヒー言ってました(^^ゞ


最近は便利になったもので、youtube等で勉強して、

コツを掴めば素人でも結構潜れるようになりました。


普通の岩場に見えても海中は珊瑚だらけ。

500m泳いで無人島に渡ればそこはチョウチョウウオの巣



別の海岸でもチョウチョウウオ。

特定の場所に密集しています。



魚影が濃い所だとこんな感じ。

一番の大物はアオブダイ、テンション上がります。


海の中は別世界で昔の人なら竜宮って発想になるのも分かります。

三密とは無縁だし、素晴らしい体験できるのに一切お金かからない♡


ウツボも可愛い♡

クマノミは逃げないのでじっくり撮れます。

1cmにも満たない赤ちゃんクマノミ

稚魚も数千匹集まるとほんとキレイ。

潜って近づくと砂煙を上げて逃げるエイ

5mくらい潜るとほぼ水族館

拳より大きいヤドカリ

巨大過ぎて初めはヤドカリと理解できなかった。

ソラスズメダイ

宝石のような青

コショウダイ系?

海の中は知らない魚だらけ。

初ウミガメ!




娘もそこそこ潜れるようになりました。

山だと「疲れた」「しんどい」連発なのに海だと一切文句を言わない(苦笑)


温暖化の影響で海岸近くは白化した珊瑚が多いのが悲しいです。

場所によっては再生している場所もあるので、自然の回復力に期待しましょう。


また一つ新しい外遊びを見つけてしまった。

行きたい所だらけで時間が足りません。。。

2020年5月7日木曜日

唐松岳へ

新型コロナウイルスの影響で勉強会やPTA会合など予定が中止になった日に快晴予報。

こんなチャンスはそうそうないので、
この冬に一番登りたかった長野県白馬村の唐松岳へ。

唐松岳へは前回来た八方尾根スキー場の上部からアプローチします。

ゴンドラとリフト2本を乗り継いで八方池山荘から登山開始です。



スタート地点からこの絶景!
白馬岳・杓子岳・白馬鑓ヶ岳の白馬三山が目の前に。




少し登ると雲海の上に。

写真で見るとのどかですが、-10度の低温とまっすぐ歩けないほどの暴風のおかげで体感気温は-20度。
凍傷のリスクをリアルに感じられ、装備の大事さが身に染みます。



この日はバックカントリースキーと登山の人が半々くらいでした。
この景色の中で新雪を独り占めして滑るのは最高でしょうね~
めっちゃやってみたいけど、素人ソロだとリスク高過ぎるので我慢。





シュカブラ
風が雪を磨いた造形美。
風の当たり方次第で様々な形があって楽ませてくれます。



不帰ノ嶮(かえらずのけん)
中々恐ろしい名前の山。
崖にしか見えませんが、猛者はここをスキーで滑り降りるらしい。




五竜岳
森林限界を超えた雪山は本当に美しい。




目指す唐松岳
冬季北アルプス入門の山、自分のような素人でもリフトのおかげで日本屈指の雪の山岳風景を見られます。



山頂は過去最高の絶景!
遠くに見えるは立山と剣岳など北アルプスの山々。
黒いジャケット、黒いグローブ、黒い目出し帽、サングラスで真っ黒クロスケ
もう誰だか分かりません。




立山連邦と剱岳
素晴らしい景色ですが、素人ではあの頂きに立つのは不可能。



剱岳をアップで。
江戸時代の絵画には針の山として描かれていたのがよく分かりますね。

昨夏は悪天候で行けなかったので今年こそ!
冬は近づくことすらできません。。。

関西では経験できない風や気温で、冬山の厳しさを実感しましたが、
ここでしか見られない絶景の数々に超満足な山登りとなりました。

堺自然整体院