2014年4月11日金曜日

膝の痛みの回復例

神奈川県逗子市からお越しのMさん

堺市にお住まいの妹のIさんが以前堺自然整体院で膝の痛みが無くなったので、大阪に来た際に妹さんに連れられて来院されました。

・右膝の痛み
2年前に階段から落ちてひざの捻挫をした。
それ以来痛みが続いている。
膝をこれくらい曲げると痛みが出ます。


















・右肩の痛み
肩を動かすと少し痛みが出ます。

通常膝の捻挫の場合は膝自体にトラブルがあるケースが多いのですが、ひざの検査をしてみるとどうもひざ自体の問題では無さそうです。

通常の膝痛のように腰周辺の調整を行うと。

結果には個人差があります



















一番下まで曲げてももう痛くありません。


肩の痛みは一般的な肩の痛みの出方と少し違う感じがしたので、膝の影響がありそうだと思い、腰周辺を調整すると、肩の痛みも無くなりました。


2回目
4日後に再来院。
施術の効果に喜んで頂いたので神奈川に帰る直前に2回目の施術を行いました。

前回の施術後から膝は痛みはほぼ無くなり、違和感が残る程度になった。
肩は昨日までは全く痛くなかったので今朝布団を二階まで担いだら痛みが再発した。

状況から前回の方向性は正しかったようなので同じ方向性で施術を行う。

そうそう通える距離でもないので、肩は自分でもできる自己療法を覚えていただきました。

通院のためだけに大阪に来られたわけではありませんが、大阪での貴重な時間を割いて来ていただけるのは嬉しいものです(^^)


----------------------------------------

追記

この患者さんから患者さんの声をいただきました。

↑クリックで拡大できます。



(アンケート原文)
79歳 女性 逗子市 


(症状)
肩と膝が痛い

肩は五十肩の様に手をあげると痛い。
ひざはしゃがみにくかった。


(過去の治療)
整骨院


(今までの治療との違い)
十分お話を聞いて治療して頂けるので納得出来ます。


(施術の感想)
一日目はとても体がだるく重くなり、次の日はとても動きやすかったです。
近くだともっと通えるのに残念です。


(個人の意見であり結果には個人差があります)


--------------------------------------


(当院のコメント)
筋肉は力を入れるときにだけエネルギーを消費するのではありません。
疲労して緊張している筋肉が緩む時に多くのエネルギーを消費します。

患者さんが書かれている「体がだるくなる」というのは、緩んだ時にエネルギーを使ったので疲労が出たのですね。

また、体が緊張していると自律神経も緊張しています(交感神経優位)
これが緩んでくると自律神経も緩んで本来のバランスに戻ってきます(副交感神経優位)
すると体がリラックスした状態になるので、眠さやだるさを感じることがあります。

どちらも初めて来られる方によく見られる症状で、
体の緊張が解けている証拠なので良い兆候です。
その証拠に翌日はとても体が軽かったと書かれています。

初回にだるさや眠さを感じた方でも、
数回施術を受けて、体の状態が良くなれば自然と出なくなってきます。


膝の痛みなら堺市の堺自然整体院

0 件のコメント: