2015年3月29日日曜日

ジャンパー膝の回復症例

↑クリックで拡大できます。
(アンケート原文)
11歳 男性 和泉市 小学生


(症状)
ジャンパー膝

サッカーが膝が痛くてできない、曲げれない。


(過去の治療)
病院・整骨院


(今までの治療との違い)
整形外科では、スポーツをせずに休むしかないと言われました。


整骨院ではマッサージをしたり、電気治療に通ってほしいと言われました。
→特に膝が良くなっているような感じはなかったです。


トレセンのテストがあったので、親子共々あせっていました。


先生の治療は痛くなく、一日目で膝が曲がりました。


(施術の感想)
先生の治療を受けて、膝が一日目で曲がるようになりました。


本人もとても驚いていました。


ジャンパー膝と診断され、少しでも曲げると痛みがあり、練習も参加できない状況でした。


トレセンのテストの日まで、先生がつめて治療して下さり、当日までにはベストな状態になりました。



先生の言われた通り、治療しながら少しずつ膝を動かしていき、すっかり治りました。


トレセンのテストも膝を気にする事なく、思いきりプレーできました。


テストの日まで2週間ほどサッカーをしていませんでしたが、合格する事ができました。


実費なのでお金はかかりましたが、悔いが残らずにテストを受けれてよかったと心から思います。


ありがとうございました。



(個人の意見であり結果には個人差があります)


--------------------------------------


堺自然整体院より

(症状の経過)
サッカーをしている小学生。
ジャンパー膝になってしばらくサッカーを休んでいたけど、痛みが無くならないので堺自然整体院に来院されました。
屈伸・ジャンプ・うつ伏せで90度曲げて痛い。
時々歩いても痛い。
たまにじっとしていても急に強い痛みが出る事もある。

2週間後にトレセンのテストがあり、なんとかそれまでにジャンパー膝を解消したいとの希望でした。

施術前 この角度で痛かった














初回
下半身の筋肉や骨盤の調整をすると、屈伸しても痛みは全く無くなった。
以降も毎回施術後は痛みはゼロ。

施術後 屈伸しても痛み無し














2回目
来院時で痛みは5割になった。

3回目
痛みは3割になった。

4回目
痛みは1割りになった。

5回目
片足屈伸をすると右膝のみ痛みがある。
左足は痛み無し。

6回目
片足屈伸で右膝に少し違和感がある程度

7回目
片足屈伸でも痛み無し。

9回目
練習をしても全然痛くない。
トレセンのテストも全力でしたけど大丈夫。
この回で終了とした。


(当院のコメント)
トレセンのテストや、大事な大会までにジャンパー膝の痛みを取りたいと言う患者さんは結構おられます。
痛みを抱えてテストを受けて、もし落ちた時に後悔したくないですもんね。

そういった方の場合は短期集中で通院してもらうと1,2週間で通院を終了できることが多いです。
この方も書かれているように実費での通院はやはり費用もかかります。
その分、堺自然整体院では、保険の利く整形外科や整骨院よりも遥かに高い技術で、
他院では出せない結果を出していると自負しています。
安くても治らない治療院に通い続ける事は、結局お金や時間の無駄になってしまいますよね。

堺自然整体院では本気でスポーツ復帰したい方を全力でサポートして、
できるだけ少ない通院で回復できるよう努めています。

最短で競技復帰を目指している方は一度来てみてくださいね(^^)

0 件のコメント: