2015年3月18日水曜日

踵の痛みの回復例



↑クリックで拡大できます。


(アンケート原文)
10歳 男性 堺市 小学生


(症状)
スポーツ痛
かかとが痛い


(今までの治療との違い)
病院と違って緊張せずリラックスした状態で施術してもらえた。


(施術の感想)
痛みの原因を探して治療してくれたことで、根本的に治りました。

普段の生活での注意点を教えてもらったので、意識するようになったし、

自分の持ってる力以上に頑張ったことで痛みが出たと言ってくれたことが
認めてもらえたようでうれしかった。

本当に気持ち良かったです。
ありがとうございました。


(個人の意見であり結果には個人差があります)


--------------------------------------


堺自然整体院より

(症状の経過)
サッカーをしていて、1年前から右踵に痛みがある。2ヶ月前から痛みがきつくなった。

友達が以前に堺自然整体院で良くなったので、紹介で来院されました。


・室内を歩くだけで踵(かかと)が痛い。
・爪先立ちやジャンプや足首を動かしても痛い。



初回
踵の痛みの原因は一般的には下半身の疲労の蓄積によって起こるので、下半身の筋肉を調整していく。
一通り筋肉を調整してから骨格のバランスを整えると踵の痛みは無くなった。

2回目
痛みは3割位になった。
前回の手法だけでなく、深い原因にアプローチしていく。施術後は痛み無し。

3回目
昨日までは痛みは1割になっていたが、今日運動をして痛みが出てしまい、6割くらいになった。

5回目
歩きは痛くない。爪先立ちで少しだけ痛い。

6回目
どの動きも痛くない。

8回目
サッカーをしても、20分間走をしても痛くない。
もう大丈夫と判断してこの回で終了とした。


(当院のコメント)
この患者さんは部屋の中で数歩歩くだけで痛みが出るという、ちょっと症状の強い子でした。

歩くだけで痛いような患者さんは、重症の事が多く、
痛みが軽減したからといってすぐにスポーツをすると悪化させてしまう事が多いです。

私は患者さんに対していつも 「できるだけ早くスポーツに復帰してほしい」 と思っていますが、

同時に 「いかに再発させないか」 という事も強く意識しています。

スポーツをしている人にとって、全力でプレーができない限りは幸せでは無いと思っています。

その場で痛みを取るだけなら、大半のスポーツ障害でなんとかなります。

しかし、痛みが取れる事と、完治したという事は別問題、なんです。


世間では、 発症→スポーツ休止→再開→再発→休止 
これを繰り返している人がたくさんいてますよね。

近所の整骨院でそうなったならまだしも。

遠方から堺自然整体院まで時間をかけて来院して、
実費で高い金額を払って、
今度こそはと藁をも掴む思いで来られている場合は、
再発した場合の落胆もかなりの物だと思います。

場合によっては完治を諦めてしまったり、
スポーツを諦めてしまったりする方もおられるかも知れません。

そういう悲劇を起こさないよう、

通院は堺自然整体院で最後になる!

そういう思いを強く持って、患者さんに接しています。

こういう思いは、私がサッカーをしていた中学生3年生の時に、
スポーツ障害3連発で凄く辛い思いをした経験が糧になっている気がします。

再発させないために、復帰時のメニューや自己療法もその方の状態に合わせて指導しており、
しっかりと守ってくれた方は、再発のリスクがかなり減っています。


小中学生にとって、自分の気持ちをコントロールするのは難しいものです。

焦ったり、はやる気持ちも分かりますが、

最善の結果を出すためにはどう行動するのが最善か?

一緒に考えながら二人三脚で頑張っていきましょ~!(^^)


踵の痛みやスポーツ障害なら堺自然整体院へ!

0 件のコメント: